ご相談・
お問合せ
資料請求

新築ブログBlog

雪の日だからこそ…➁

2022.01.09

みなさん こんにちは。

新築アドバイザーの吉田です。

2022年も9日目になりました。

残すところあと359日ですね(笑)

年末年始はいかがお過ごしでしたか?

私は年末は

高校ラグビー、高校サッカー

年明けは

ニューイヤー駅伝に始まり

箱根駅伝、大学ラグビーと

テレビ観戦していました。

スポーツ観戦三昧でした。

あと、生まれて40余年

初めて紅白歌合戦を

最初から最後までみていました。

 

さて、年またぎになりますが

年末に『融雪道路』について

チラッとお話ししました。

土地選び・土地探しからのお客様と

お話をさせていただく中で

『融雪道路のある土地が欲しい』と

言われるお客様は多いです。

少し深掘りしてみます。

これが『融雪道路』です。

降雪をセンサーで感知して自動で

水が出ます(手動でもできます)

源泉は『井戸』です。

水道水ではありません。

井戸を掘ってポンプでくみ上げて

水が出る仕組みです。

太平洋側から来られた方が

『道路が水漏れしてる~』って

定番のようにおっしゃいますが

雪国の富山県では

大変便利な装置です。

 

さて、ここからは本題です。

家の前が融雪道路の場合の

利点と気を付けて欲しいコトを

まとめました。

☆利点

①融雪で道路に雪がない(少ない)

②除雪作業が少なくて済む

③除雪車が通らないので静か

この3点につきます。

出掛ける時と帰宅時の除雪作業が

大幅に短縮されて◎ですね。

 

★気を付けて欲しいコト

①お金がかかる。タダではない。

(負担金【一括】15万円~20万円と

維持管理費が年間1万円前後必要)

②道路にへこみあると水浸しになる

③除雪車は基本的には来ない

④地域差や井戸の深さによっては

赤水で外壁や駐車場のコンクリートや

クルマが赤く染まる場合がある

(富山市内でもあります)

⑤昨年1月のような豪雪になると

さすがに機能しない

⑥大型の団地では順番に水が出るので

融雪装置から水が出ていない時間がある

 

こんなところでしょうか?

融雪道路については、体験談も含めて

30分程お話しできます(笑)

 

利点と気を付けて欲しいコトを

理解されて土地選びをして頂けたらと

思います。

融雪道路ではない土地の選び方については

またの機会にお話しします。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

新築不動産事業部
新築アドバイザー 吉田 貴洋
〒939-8211 富山県富山市二口町4-4-4
フリーダイヤル 0120-555-401
https://oliver-architect.jp/(新築)
http://www.oliver-fudousan.jp (不動産)

一覧へ戻る